ホーム > 図面データ化ソフト > Rasty(スキャン図面編集)

Rastyの機能

ラスタ編集

1. 手頃なスキャナで紙図面を分割して取り込む

大判図面をお手頃価格のA3スキャナを使って分割で取り込みます。

Rastyラスタ編集1

2. 取り込まれた分割スキャンデータを補正

各種補正機能を使用することで合成後の仕上がり精度が飛躍的に向上します。

Rastyラスタ編集2

角度補正傾いたデータを水平・垂直に補正
歪み補正水平・垂直方向の距離を計測し補正
4点補正角度・歪みを一度に補正
通芯補正通芯(水平・垂直)ごとの距離を計測し補正

3. 補正された分割スキャンデータをマルチウィンドウ上で簡単合成

分割されたままでは1物件のデータファイルが膨大になってしまいます。Rastyの合成機能を使用して、分割スキャンデータを1枚に合成します。

Rastyラスタ編集3

4. 合成したデータをノイズ消去

Rastyのノイズ消去機能を使用して、美しく正確なデータにします。

Rastyラスタ編集4

5. CADソフトでラスタデータを再利用

Rastyで補正・合成・編集したデータは、JPEG・BMP・PCS・TIFF・PNG・CALSの形式で保存することが可能です。また、ラスタ・ベクタ混在のデータはSXFTNK形式で保存することができます。なお、TNK形式のデータはCADCityで直接取り込むことが可能です。

Rastyラスタ編集5

複数シートが便利

Rastyのバインダー機能を使用して、複数のラスタデータを1つのファイルとして表示・編集・保存・管理することができます。

Rasty複数シート

ベクタ作図で綺麗な仕上がり

後々の修正を考え、文字・線分、簡単な図形などをベクタデータで書き足したい!そんな時は「ベクタ作図」コマンドを使います。

Rastyベクタ作図

簡単ベクタ編集

「ベクタ編集」コマンドを使用して、ベクタデータを簡単に編集できます。ベクタデータをラスタデータに変換することも可能です。

Rastyベクタ編集

Rasty申請(オプション)の機能

イメージデータの取り込み

お使いのCADで作図したデータや各種画像データをクリップボード経由で貼付けが可能です。手書きよりも正確で美しい申請図が効率よく作図できます。

Rasty申請イメージ

指定用紙/普通紙への出力

出力は二通りの方法をご用意しました。用途に合わせてご自由にお選びいただけます。

Rasty申請出力

推奨環境

最低動作環境 推奨環境
OS Windows 10 Pro (32/64bit)
Windows 8.1 Pro (32/64bit)
Windows 10 Pro (64bit)
Windows 8.1 Pro (64bit)
CPU OSの必要に応じたもの Intel Core i7 相当のもの
メモリ 4GB以上 8GB以上
ハードディスク 2GB以上 (システム領域)
ディスプレイ解像度 1024×768以上 1920×1080以上
DVDドライブ セットアップ時に1台必要
プロテクタ用のポート USBポートが必須
  • 「Surface Pro X」等のARMプロセッサ搭載PC(通称 Windows on ARM)では動作しません(動作保証対象外)。

価格

ソフトウェア価格

内容 価格(税込)
Rasty(ラスタ編集/ラスタベクタ変換ソフト) ¥217,800
申請オプション ¥55,000
会員制サポートサービス(年間保守料) ¥33,000

バージョンアップ価格

内容 価格(税込)
Rasty (5 → 6) ¥33,000
Rasty (4 → 6) ¥66,000
Rasty (1~3 → 6) ¥99,000

その他価格

内容 価格(税込)
プロテクト交換(USB) ¥33,000